JETRO 日本貿易振興機構(ジェトロ)

海外市場開拓・販売をお考えの方

ビジネスの流れに沿って、ジェトロ・メンバーズがどのように活用出来るかご紹介します。

ビジネスの流れ詳

※青文字をクリックで、詳細説明の閲覧が可能です。

ステップ1 海外展開目的の明確化

展開の目的と自社の事業戦略の中での位置づけを明確にします。
安易に海外展開のブームに乗るのではなく、一度立ち止まって、本当に自社に必要なのか、冷静に広い視野で考えてみましょう。

いざ展開すると決めた場合、是が非でも海外に活路を見出すのだ、という心構えも重要ですね。
反対に、今回は海外展開を見送る場合、アンテナを広く張って、海外の潮流を見逃さないように情報収集を続けましょう。

ステップ2 海外展開計画案の策定

●達成すべき具体的な目標を立てましょう。
例:○年後に売上高○億円、市場シェア○を獲得し、純利益○億円を達成する!

●展開先の検討をしましょう。
検討ポイント:法規制、政治・経済の安定度、パートナー市場があるか

●撤退時の想定をしましょう。
想定しうる契約解消の要因ごとに、実際に問題が起こった際の撤退の基準策定や撤退手続きを調査します。
例:カントリーリスク、採算、パートナーとのトラブル、為替変動リスク、意思疎通面でのリスク等

貿易実務について学習しましょう。
あらかじめ、貿易実務の流れや注意すべきポイントを把握しておくことが肝心です。

ステップ3 市場調査

まずは、国内でできる市場調査を行い、ビジネスプランの検証を行いましょう。
主な調査項目は、以下のとおりです。ジェトロの情報を存分にご利用ください。
政治・経済・社会情勢、法規制・税制市場規模・特性・流通事情、現地パートナー

実際に海外に行かれる際は、海外のジェトロ事務所へもぜひお立ち寄りください。

ステップ4 商品・取引先の選定

●輸出
商品・取引先(市場・取引企業)の選定をしましょう。

●輸入
商品・取引先企業の選定をしましょう。

新規の取引相手の場合は、取引先候補を対面で確認して、信頼できる相手かどうかを確認することも大切です。
また、取引先候補の与信チェックも忘れずに行いましょう。

ステップ5 契約

商品・取引先の選定や与信チェックが終われば、いよいよ契約です。
ここで気を抜いてはいけません。交渉と契約締結をしっかり行い、確実に取引を進めましょう。

ステップ6 輸送

●輸出
輸送業者、通関業者、銀行等と協力をして輸出を成功させましょう。輸出にあたっては、輸送手段確保、保税地域への搬入、輸出通関手続き、貨物の積み込み・輸送、代金回収などを行いますが、その際に困ったことが発生した場合は、ジェトロに相談してください

●輸入
輸送業者、通関業者、銀行等と協力をして輸入を成功させましょう。輸入にあたっては、輸送手段確保、代金決裁、輸入通関手続き、貨物受取などを行いますが、その際に困ったことが発生した場合は、ジェトロに相談してください

ステップ7 その後のトラブル

輸出入が順調に進んでいても、思わぬトラブルに遭うことがあります。
例えば、輸出代金の回収が滞った模倣品・海賊版の被害に遭った、ということがあります。
もちろん、トラブルは未然に防ぐことが一番ですが、もしトラブルに陥ってしまった際は、ジェトロにご相談ください。

詳細説明

以下のチェックポイントを確認してください。

  • なぜ、今展開しなければならないのでしょうか?
  • 国内投資ではダメですか?
  • 自社の体制(人材、資金)は十分ですか?そうでない場合の対策は?
  • 自社の製品・サービスのウリは?
  • 社内の合意は得られますか?説得材料は?
  • 展開しないとしたら、どのような選択肢がありますか?

会員様割引

「少人数ワークショップ型国際ビジネス講座」に参加して、海外進出をする前に知っておくべき基礎を勉強してみましょう。
次回開催日程については、「イベント情報」でご確認いただくか、メンバー・サービスデスクへお問合せください。

会員様無料

世界各国の政治・経済情報を、毎日メールでお届けする「通商弘報」で、世界のビジネス情報を確認しましょう。
国別の検索やキーワード検索、期間を区切っての「詳細検索」も可能です。
ログインIDとパスワードがご不明の場合、こちらをご覧下さい。

毎月ご登録先に郵送される月刊誌「ジェトロセンサー」では、写真やグラフ付きで、独自の切り口から分かりやすく世界の潮流をご覧いただけます。
雑誌ですので、ぜひ社内供覧して、情報共有をしてください。「通商弘報」のIDとパスワードを使えば、ウェブ上でもPDFになった記事を閲覧可能です。

コツ!

詳細記事検索で「検索キーワード」に国名を入れる際は、ご自身で入力せず「国名一覧」からお選びください。ジェトロがタグ付けした国名とお客様が入力した国名とが異なると、同じ国を指していてもヒットしないからです。(例:○米国 ×アメリカ)

プリントアウト料金10円/枚割引

まずは、市場シェアの現況を確認してみましょう。
「ジェトロ・ビジネスライブラリー」にあるEUROMONITOR社のデータベース「GMID (Global Market Information Database)」では、一般消費財・小売・旅行分野の市場規模・予測・占有率・企業プロファイルを確認できます。
書籍「Market share reporter」や「Global market share planner」でも、内容によってお調べいただくことが可能です。
その他にも「ビジネスライブラリーには参考になる資料がありますので、「産業・市場の調べ方」をご覧ください。

東京、大阪、貿易情報センター等でのデータベース利用可否は、こちらをご覧ください。

コツ!

  • ご来館前に、まずは「テーマ別調べ方ガイド」をご覧頂き、資料の見当を付けることをお勧めします。
  • テーマ別調べ方ガイド」で分からない場合、ビジネスライブラリーに電話かメールでお問い合わせ頂けるレファレンスサービスがあります。こちらでお問合せいただき、目的の資料の有無や資料名を知った上でご来館頂くと、確実に目的の情報を入手可能です。

お問合せ例:
インドのドラッグストア市場(プレーヤー、規模等)を調べたいが、該当資料はあるか? など
<お問合せ先>
東京 E-mail:bub@jetro.go.jp TEL:03-3582-1775
大阪 E-mail:osclib@jetro.go.jp TEL:06-6447-2308

無料

「国・地域別情報(J-FILE)」を使えば、各国の法規制、外資規制、政治・経済の概要が分かります。
例えばフィリピンについて知りたければ、「政治動向」や「経済動向」の項目をチェックしてください。

<法規制、外資規制、政治・経済の情報を集める>

無料

進出候補国を、ミャンマーとカンボジアとバングラデシュで迷っている。進出候補国についてを社内向けプレゼンするにあたって、3カ国を比較したデータが欲しい・・・。
こんな時に便利なのが、「各国・地域データ比較」です。
「各国・地域データ比較」では、 比較したい国・地域と 表示する項目をそれぞれチェックして、比較データ表示ボタンを押すと、各国の基礎データ、貿易・投資制度、基礎的経済指標の最大39項目を比較表示できます。

コツ!

比較表示したデータは、CSV形式でダウンロードすることが可能です。
報告書のグラフや表作成などにも簡単に加工できる、資料づくりの強い味方です。

無料

「輸出入の手続きについて聞きたい」、「現地の輸入規制について聞きたい」という時は、ジェトロに相談してください。
無料で貿易実務に関する相談サービスを承っています。
電話かメールでお申込頂くと、ご面談、メール、電話のいずれかでご相談にお答えできます。
規制情報を調べても分からない、という際は、お気軽にお問合せください。

コツ!

相談内容は、できるだけ詳しくお伝えください。
以下ポイントと「知りたいこと」が具体的であるほど、限られたご相談時間の中で、より多くの情報をご提供できます!

  • 対象国
    担当者は原則、国・地域毎に分かれています
    (例:輸出国/輸入国、日本/展開先の国など)
  • 商品情報
    HSコードがあるとより詳しく話ができる可能性があります(特に関税率(EPA利用など)や原産地規則を聞く場合)
  • 相談目的
    ご相談の意図が分かると、多角的な情報提供ができます
  • ビジネスの状況や相談背景など
    相談者のビジネスレベルに合わせた話ができます
    (例:輸出・海外展開経験の有無、引き合いの有無)
  • 既に調べた資料・情報
    情報の重複を避け、より具体的な話ができます
    (例:ジェトロHP確認の有無、他機関への問い合わせ有無)

会員様は42,000円相当無料/年度

現地パートナー候補を探すとき、「海外ミニ調査サービス」をお使いいただけます。
例えば、「インド・ニューデリーの衣料品輸入業者を知りたい」や、「中国・上海にあるデパートの名前と住所を知りたい」という時は、上限10社でジェトロがリストアップします。

コツ!

既にお客様で企業検索が済んでいらっしゃり、相手の会社名がわかっていれば、更に以下の項目の調査をご依頼いただけます。ジェトロの現地スタッフが電話を掛けて確認します。

  • コンタクトパーソン
  • ウェブページは現地語だが、英語での取引が可能か
  • 日本との取引実績
  • 日本との取引に興味があるか など
料金:
中小企業様は2項目で1ユニット/大企業様は1項目で1ユニット(1ユニット=10,500円相当)

無料

「引き合い案件データベース(TTPP)」では、業種・地域ごとに、現地企業が登録した「売りたい・買いたい」という案件情報を検索いただけます。
例えば、「日本からフィリピンにバイオ燃料を買いたい」といった案件があります。

コツ!

<案件を探す>
  • 案件を探すために:
    まずはキーワード検索をすることをお勧めします。その後、国の指定等の詳細な条件を指定していくと、目的の案件を探しやすくなります。
  • 相手の信頼性を確認する:
    TTPPにログイン後は、相手がこれまでに受け取ったメール数やメールの開封率を確認できます。メール開封率が高い相手とは、コンタクトがスムーズに取れやすいと言えます。

<案件を載せる>
ご自身の案件を掲載する際は、なるべく詳細な情報を記載した方が、引き合いの声を掛けてもらいやすくなります。具体的には、以下のポイントをご注意ください。

  • 「法人本社の紹介」には、自社の技術、規模、取引経験などを含め、詳細に記載してください。
    インターネット取引は相手の顔が見えないもの。本当に大丈夫かなと不安なのは、相手も同じです。信頼性を上げるため、多くの情報を掲載しましょう。
  • 「商品タイトル」や「商品PR」には、独自性や優位性など、プラスαの情報を掲載してください。写真は5枚まで掲載可能です。商品角度を変える、特徴を写すなど、多くの情報を提供してください。(商品タイトル例:×ワイン ○赤ワイン(フランス産、オーガニック))

利用無料

会員様はデータベースのプリント料金を
10円割引

「ジェトロ・ビジネスライブラリー」では、海外企業データベースで業種、取扱い品目や国・地域を絞って検索可能です。
例えば、「パスタの製造機械を作っている企業を探したい」、「中国のおもちゃの輸出業者を調べたい」といった場合も、該当企業を検索可能です。
東京、大阪、貿易情報センター等でのデータベース利用可否は、こちらをご覧ください。

コツ!

  • ご来館前に、まずは「テーマ別調べ方ガイド」をご覧頂き、資料の見当を付けることをお勧めします。
  • テーマ別調べ方ガイド」で分からない場合、ビジネスライブラリーに電話かメールでお問い合わせ頂けるレファレンスサービスがあります。こちらでお問合せいただき、目的の資料名を知った上でご来館頂くと、時間の節約にもつながります。
    例:インドのドラッグストア市場(プレーヤー、規模等)を調べたいが、該当資料はあるか?

<お問合せ先>
東京 E-mail:bub@jetro.go.jp TEL:03-3582-1775
大阪 E-mail:osclib@jetro.go.jp TEL:06-6447-2308

会員様は最大56%割引

「海外ミニ調査サービス」「TTPP」「ジェトロ・ビジネスライブラリー」を使って調べた企業は、コファス・サービス・ジャパン株式会社の「外国企業信用調査」で与信の確認をしてください。
法人形態、沿革、所有者(株主)、経営活動、業務内容、財務情報、公示される重要な記録、要約、与信判断をお調べいただけます。

コツ!

  • 調査対象は1社からご依頼いただけますので、単発の調査にもお勧めです。
  • コファス・サービス・ジャパン社独自の特徴として、調査レポートに、調査担当者によるコメントが付きます!調査レポートのサンプルを見る

利用無料

会員様はデータベースのプリント10円割引/係員による書籍コピー10円割引

国際ビジネスをはじめようとする手がかりに、あるいは海外での調達先、ビジネスパートナー探し、事業の拡大の際に、まず海外に既に進出している日系企業を把握・分析しその動向を知ることは、海外ビジネス戦略策定の重要なポイントとなります。
海外進出日系企業を把握するには、「ジェトロ・ビジネスライブラリー」に配架している「企業ダイレクトリー」をご利用ください。
書籍にもよりますが、現地法人名、代表者名、所在地、電話/FAX番号、(メールアドレス、URL)、日本側出資企業名(親会社)/出資比率、進出(設立)年月、資本金、従業員数、売上高、事業内容などをお調べいただけます。

例えば、東洋経済新報社の「海外進出企業総覧 国別編」では、海外に進出している日系企業を国別でご覧いただけます。
また、国によりますが、国ごとの書籍も一部配架しています。例えばベトナムについて知りたい場合は、ビスタ ピー・エス社の「ベトナム企業情報」でお調べいただくことも可能です。

利用無料

会員様はデータベースのプリント10円割引/係員による書籍コピー10円割引

「外資系企業」とは、外国資本がある一定以上出資している企業のことです。何%出資からを外資系企業とするかについて明確な定義はなく、扱う国・機関や資料等により異なります。
※日本企業も海外から見ると外資系企業です。こちらは、「7.」をご参照ください。「ジェトロ・ビジネスライブラリー」では、「外資系企業の進出状況」をお調べいただけます。
例えば、「Foreign Companies in XXX(国名) Yearbook"*検索方法はライブラリー蔵書検索(OPAC)のキーワードに「Commercial Intelligence Service (CIS)」と入力する。"」は、世界約50カ国の国別外資系企業リストです。

無料

J-FILEの「産業別情報」で、産業・国別の最新市場・トレンドを見ることができます。
分野は、農林水産物・食品、先端技術(IT・バイオなど)、ファッション・繊維、機械・機器、デザイン、環境・エネルギー、コンテンツ、インフラ・プラント、サービス(流通・小売、外食など)からお選びいただけます。

例えば「ファッション・繊維」分野では、「通商弘報の中でファッション・繊維についての記事」を確認することができます。
また、「ファッション・繊維分野についてのイベント情報」を知ることも可能です。
さらに、タイに焦点を絞ると、在タイのジェトロ輸出支援コーディネーター等が取りまとめた「タイについての市場・トレンド情報」を知ることができます。
その他、「調査レポート」では、例えば「サウジアラビアの女性ファッション市場調査」「中国ベビー用品市場調査」などで現地市場を研究してみましょう。
役立つ情報が無料で手に入るので、ぜひ活用ください。

利用無料

会員様はデータベースのプリント料金を
10円割引

「ジェトロ・ビジネスライブラリー」では、「世界各国の産業・市場を調べる」ことが可能です。
例えば、一般消費財および小売について調べるのでしたら、世界205カ国の市場情報データベース「Global Market Information Database(GMID)」が便利です。
GMIDでは、市場規模、予測、企業シェアなどの市場情報について統計、レポートを収録しています。
書籍「Market share reporter」や「Global market share planner」でも、内容によってお調べいただくことが可能です。
東京、大阪、貿易情報センター等でのデータベース利用可否は、こちらをご覧ください。

コツ!

  • ご来館前に、まずは「テーマ別調べ方ガイド」をご覧頂き、資料の見当を付けることをお勧めします。
  • テーマ別調べ方ガイド」で分からない場合、ビジネスライブラリーに電話かメールでお問い合わせ頂けるレファレンスサービスがあります。こちらでお問合せいただき、目的の資料の有無や資料名を知った上でご来館頂くと、確実に目的の情報を入手可能です。

お問合せ例:
インドのドラッグストア市場(プレーヤー、規模等)を調べたいが、該当資料はあるか? など

<お問合せ先>
東京 E-mail:bub@jetro.go.jp TEL:03-3582-1775
大阪 E-mail:osclib@jetro.go.jp TEL:06-6447-2308

無料(※中小企業様限定)

現地の最新トレンドや売れ筋商品を知りたい、現地市場では競合する製品がすでに販売されているか知りたい、という場合、「海外コーディネーターによる輸出支援サービス」をご利用いただけます。
ジェトロが海外に配置する各分野の専門家(海外コーディネーター)が、お客様の海外ビジネス展開に関するお問い合わせについて、現地の感覚・目線でお答えします(※「国・地域」と「産業分野」が限定されています)。

会員様10%割引(定価9,975円(税込))

ASEANの物流事情を調べるのでしたら、物流関連情報を体系的にとりまとめてマップ化した「ASEAN物流ネットワーク・マップ2008」をご覧ください。
「ジェトロ・ビジネスライブラリー」にご来館いただければ、無料で閲覧可能です。

会員様無料

世界各国の政治・経済情報を、毎日メールでお届けする「通商弘報」で、海外の政治・経済・社会情勢、外資制作・法規制・税制の情報を確認しましょう。
国別の検索やキーワード検索、期間を区切っての「詳細検索」も可能です。
例えばエジプトの政治動向を知りたければ、「詳細検索」のキーワード検索で「エジプト 政治動向」と入力してください。

毎月ご登録先に郵送される月刊誌「ジェトロセンサー」では、写真やグラフ付きで、独自の切り口から分かりやすく世界の潮流をご覧いただけます。
雑誌ですので、ぜひ社内供覧して、情報共有をしてください。
「通商弘報」のIDとパスワードを使えば、ウェブ上でもPDFになった記事を閲覧可能です。

コツ!

詳細記事検索で「検索キーワード」に国名を入れる際は、ご自身で入力せず「国名一覧」からお選びください。ジェトロがタグ付けした国名とお客様が入力した国名とが異なると、同じ国を指していてもヒットしないからです。(例:○米国 ×アメリカ)

無料

「国・地域別情報(J-FILE)」を使えば、各国の海外の政治・経済・社会情勢、外資制作・法規制・税制の概要が分かります。

無料

「商品の法規制や税制を聞きたい」という時は、ジェトロに相談してください。 無料でご相談サービスを承っています。 電話かメールでお申込頂くと、ご面談、メール、電話のいずれかでご相談にお答えできます。 規制情報等を調べても分からない、という際は、お気軽にお問合せください。

コツ!

相談内容は、できるだけ詳しくお伝えください。
以下ポイントと「知りたいこと」が具体的であるほど、限られたご相談時間の中で、より多くの情報をご提供できます!

  • 対象国
    担当者は原則、国・地域毎に分かれています(例:輸出国/輸入国、日本/進出先の国など)
  • 商品情報
    HSコードがあるとより詳しく話ができる可能性があります(特に関税率(EPA利用など)や原産地規則を聞く場合)
  • 相談目的
    ご相談の意図が分かると、多角的な情報提供ができます
  • ビジネスの状況や相談背景など
    相談者のビジネスレベルに合わせた話ができます(例:輸出・海外進出経験の有無、引き合いの有無)
  • 既に調べた資料・情報
    情報の重複を避け、より具体的な話ができます(例:ジェトロHP確認の有無、他機関への問い合わせ有無)

無料

各国の人々がどのような生活を送っているのかを、衣食住余暇に焦点をあてて紹介している「スタイルシリーズ」をご覧ください。
その国の人たちがどのような洋服を着て、どのような食事をし、どのような家に住み、どのような余暇の過ごし方をしているか、写真をふんだんに使って紹介しています。現地の生情報を要チェック!

無料

J-FILEの「産業別情報」で、産業・国別の最新市場・トレンドを見ることができます。
分野は、農林水産物・食品、先端技術(IT・バイオなど)、ファッション・繊維、機械・機器、デザイン、環境・エネルギー、コンテンツ、インフラ・プラント、サービス(流通・小売、外食など)からお選びいただけます。

例えば「ファッション・繊維」分野では、「通商弘報の中でファッション・繊維についての記事」を確認することができます。
また、「ファッション・繊維分野についてのイベント情報」を知ることも可能です。
さらに、タイに焦点を絞ると、在タイのジェトロ輸出支援コーディネーター等が取りまとめた「タイについての市場・トレンド情報」を知ることができます。 その他、「調査レポート」では、例えば「サウジアラビアの女性ファッション市場調査」「中国ベビー用品市場調査」などで現地市場を研究してみましょう。
役立つ情報が無料で手に入るので、ぜひ活用ください。

利用無料

会員様はデータベースのプリント料金を
10円割引

「ジェトロ・ビジネスライブラリー」では、「世界各国の産業・市場を調べる」ことが可能です。
例えば、一般消費財および小売について調べるのでしたら、世界205カ国の市場情報データベース「Global Market Information Database(GMID)」が便利です。
GMIDでは、市場規模、予測、企業シェアなどの市場情報について統計、レポートを収録しています。
東京、大阪、貿易情報センター等でのデータベース利用可否は、こちらをご覧ください。

コツ!

  • ご来館前に、まずは「テーマ別調べ方ガイド」をご覧頂き、資料の見当を付けることをお勧めします。
  • テーマ別調べ方ガイド」で分からない場合、ビジネスライブラリーに電話かメールでお問い合わせ頂けるレファレンスサービスがあります。こちらでお問合せいただき、目的の資料の有無や資料名を知った上でご来館頂くと、確実に目的の情報を入手可能です。

お問合せ例:
インドのドラッグストア市場(プレーヤー、規模等)を調べたいが、該当資料はあるか? など

<お問合せ先>
東京 E-mail:bub@jetro.go.jp TEL:03-3582-1775
大阪 E-mail:osclib@jetro.go.jp TEL:06-6447-2308

無料(※中小企業様限定)

現地の最新トレンドや売れ筋商品を知りたい、現地市場では競合する製品がすでに販売されているか知りたい、という場合、「海外コーディネーターによる輸出支援サービス」をご利用いただけます。
ジェトロが海外に配置する各分野の専門家(海外コーディネーター)が、お客様の海外ビジネス展開に関するお問い合わせについて、現地の感覚・目線でお答えします(※「国・地域」と「産業分野」が限定されています)。

会員様は42,000円相当無料/年度

現地パートナー候補を探すとき、「海外ミニ調査サービス」をお使いいただけます。
例えば、「インド・ニューデリーの衣料品輸入業者を知りたい」や、「中国・上海にあるデパートの名前と住所を知りたい」という時は、上限10社でジェトロがリストアップします。

コツ!

既にお客様で企業検索が済んでいらっしゃり、相手の会社名がわかっていれば、更に以下の項目の調査をご依頼いただけます。ジェトロの現地スタッフが電話を掛けて確認します。

  • コンタクトパーソン
  • ウェブページは現地語だが、英語での取引が可能か
  • 日本との取引実績
  • 日本との取引に興味があるか など

料金:
中小企業様は2項目で1ユニット/大企業様は1項目で1ユニット(1ユニット=10,500円相当)

無料

「引き合い案件データベース(TTPP)」では、業種・地域ごとに、現地企業が登録した「売りたい・買いたい」という案件情報を検索いただけます。
例えば、「日本からフィリピンにバイオ燃料を買いたい」といった案件があります。

コツ!

また、コツ!として以下を追加してください。

<案件を探す>
  • 案件を探すために:
    まずはキーワード検索をすることをお勧めします。その後、国の指定等の詳細な条件を指定していくと、目的の案件を探しやすくなります。
  • 相手の信頼性を確認する:
    TTPPにログイン後は、相手がこれまでに受け取ったメール数やメールの開封率を確認できます。メール開封率が高い相手とは、コンタクトがスムーズに取れやすいと言えます。

<案件を載せる>

ご自身の案件を掲載する際は、なるべく詳細な情報を記載した方が、引き合いの声を掛けてもらいやすくなります。具体的には、以下のポイントをご注意ください。

  • 「法人本社の紹介」には、自社の技術、規模、取引経験などを含め、詳細に記載してください。
    インターネット取引は相手の顔が見えないもの。本当に大丈夫かなと不安なのは、相手も同じです。信頼性を上げるため、多くの情報を掲載しましょう。
  • 「商品タイトル」や「商品PR」には、独自性や優位性など、プラスαの情報を掲載してください。写真は5枚まで掲載可能です。商品角度を変える、特徴を写すなど、多くの情報を提供してください。(商品タイトル例:×ワイン ○赤ワイン(フランス産、オーガニック))

利用無料

会員様はデータベースのプリント料金を
10円割引

「ジェトロ・ビジネスライブラリー」では、データベースで業種、取扱い品目や国・地域を絞って検索可能です。
例えば、「パスタの製造機械を作っている企業を探したい」といった場合も、該当企業を検索可能です。
東京、大阪、貿易情報センター等でのデータベース利用可否は、こちらをご覧ください。

コツ!

  • ご来館前に、まずは「テーマ別調べ方ガイド」をご覧頂き、資料の見当を付けることをお勧めします。
  • テーマ別調べ方ガイド」で分からない場合、ビジネスライブラリーに電話かメールでお問い合わせ頂けるレファレンスサービスがあります。こちらでお問合せいただき、目的の資料名を知った上でご来館頂くと、時間の節約にもつながります。例:インドのドラッグストア市場(プレーヤー、規模等)を調べたいが、該当資料はあるか?

<お問合せ先>
東京 E-mail:bub@jetro.go.jp TEL:03-3582-1775
大阪 E-mail:osclib@jetro.go.jp TEL:06-6447-2308

会員様は最大56%割引

「海外ミニ調査サービス」「TTPP」「ジェトロ・ビジネスライブラリー」を使って調べた企業は、コファス・サービス・ジャパン株式会社の「外国企業信用調査」で与信の確認をしてください。
法人形態、沿革、所有者(株主)、経営活動、業務内容、財務情報、公示される重要な記録、要約、与信判断をお調べいただけます。

コツ!

  • 調査対象は1社からご依頼いただけますので、単発の調査にもお勧めです。
  • コファス・サービス・ジャパン社独自の特徴として、調査レポートに、調査担当者によるコメントが付きます!調査レポートのサンプルを見る

無料

いよいよ現地へ! まず最初は、「海外ブリーフィングサービス」を使って、ジェトロの海外事務所へお立ち寄りください。
その国で注意すべきことや、一般経済事情を1時間程度でお話させていただきます。基礎的情報を得てから現地をまわった方が効果的です。
例えば、現地の人がどのようなファッションを好む傾向にあるのか・・・等、現地に駐在している人間だからこそ分かる、駐在員の所感としての現地事情などもお話します。

また、会員様へは、ホテルの予約も承ります。申込時にご要望ください。

コツ!

海外事務所で少しでも多くの情報を得ていただくため、以下のポイントを明記いただくことをお勧めします。

  • ご出張の目的や背景(例:現地に販売拠点を置く計画があり、FS調査のため初めてドイツに出張する)
  • 具体的に何をお知りになりたいか
    (例:×ブラジルの小売市場について ○ブラジルにはどのようなショッピングモールがあるか、知っている範囲で教えて欲しい)

会員様20%割引(定価12,600円)

海外企業にコンタクトしても返事がない、訪問先との時間設定について出張前の手間を省きたい・・・。
そんな場合は、ジェトロが代わりにアポイントをお取りする「ビジネスアポイントメント取得サービス」をご利用ください。

コツ!

外国企業相手のアポイントメント取得は有料ですが、外国企業や政府系工業団地へのアポイントメントは、無料で取得することが可能な場合がございます。

無料

実際にアポイントメント先と面談する時に、現地の言葉に自信がない・・・。
そんな場合は、ジェトロの海外事務所が作成した「通訳者リスト」をご提供します。このリストから、通訳を選んでみてはいかがでしょうか?
申込書はジェトロ・メンバーズ専用ページからダウンロードの上、"最寄のジェトロ"お問合せ一覧へリンク"へお送りください。
※ご手配・費用のお支払いはお客様ご自身でお願いしております。

会員様10%割引

プロジェクトチームのメンバーは、まず貿易の流れや仕組み・注意点等を学ぶ必要があります。
「貿易実務オンライン講座」は、ご自宅や会社のパソコンから、これらを自分のペースで学ぶことが可能です。
基礎編応用編英文契約編中国輸出ビジネス編の4講座がありますので、ステップアップしてスキルを学びましょう!

コツ!

  • オンライン講座には、参考になる外部ウェブサイトへのリンクが多数貼ってあります。このようなリンク先は、都度ブックマーク保存しておくと、後々大変役立ちます!
  • 貿易実務を1年程度経験してから学習頂くと、ご自身の経験と学習内容を照らし合わすことができ、より効果的に学習可能です。貿易実務未経験の方が学習頂く際は、ご自身の職務がオンライン講座ではどこに該当するかを考え、全体の流れを想像しながら学習を進めていくと、より効果的に学習頂けます。

会員様10%割引

輸出する商品の決定や輸出の取引先を探すにあたっては、「国際展示会・見本市」に商品を出品する手段もあります。
ジェトロが出展支援をする展示会・見本市は、出品料等を10%割引でご利用いただける他、主催者への出品申し込みなどの手続きはジェトロが行い、ブースのデザイン・施工、出品物の通関・輸送、現地での広報など各種サービスをパッケージで提供するため、単独出展に比べ、出展手続きの負担が軽減されるとともに出展にかかるコストも抑えることができます。
「現在出展募集中の海外展示会・商談会」「ジェトロが出展支援を予定している海外展示会・商談会」で、情報をチェックしてください!

コツ!

ジェトロが出展支援する展示会の他にも、世界では多くの展示会が開催されています。
見本市・展示会データベース「J-messe」では、世界約36,000件の見本市・展示会情報をご覧頂けます。
業種や国ごとに検索できる他、会期順や規模順で並べ替えも可能なので、目的に合った展示会を探すのに最適です。
気になる展示会情報があったら、ジェトロ職員が執筆した見本市レポートや、会場の住所や規模・写真をご覧いただける世界の展示会場で、どのような展示会か確認してみましょう。

会員様は42,000円相当無料/年度

現地パートナー候補を探すとき、「海外ミニ調査サービス」をお使いいただけます。
例えば、「インド・ニューデリーの衣料品輸入業者を知りたい」や、「中国・上海にあるデパートの名前と住所を知りたい」という時は、上限10社でジェトロがリストアップします。

コツ!

既にお客様で企業検索が済んでいらっしゃり、相手の会社名がわかっていれば、更に以下の項目の調査をご依頼いただけます。ジェトロの現地スタッフが電話を掛けて確認します。

  • コンタクトパーソン
  • ウェブページは現地語だが、英語での取引が可能か
  • 日本との取引実績
  • 日本との取引に興味があるか など

料金:
中小企業様は2項目で1ユニット/大企業様は1項目で1ユニット(1ユニット=10,500円相当)

無料

「引き合い案件データベース(TTPP)」では、業種・地域ごとに、現地企業が登録した「売りたい・買いたい」という案件情報を検索いただけます。
例えば、バイオ燃料を売り込みたい場合は、TTPPに登録されている「買いたい」というページを見てましょう。もちろん「詳細検索」で条件を絞り込むことも可能です。

コツ!

<案件を探す>
  • 案件を探すために:
    まずはキーワード検索をすることをお勧めします。その後、国の指定等の詳細な条件を指定していくと、目的の案件を探しやすくなります。
  • 相手の信頼性を確認する:
    TTPPにログイン後は、相手がこれまでに受け取ったメール数やメールの開封率を確認できます。メール開封率が高い相手とは、コンタクトがスムーズに取れやすいと言えます。

<案件を載せる>

ご自身の案件を掲載する際は、なるべく詳細な情報を記載した方が、引き合いの声を掛けてもらいやすくなります。具体的には、以下のポイントをご注意ください。

  • 「法人本社の紹介」には、自社の技術、規模、取引経験などを含め、詳細に記載してください。
    インターネット取引は相手の顔が見えないもの。本当に大丈夫かなと不安なのは、相手も同じです。信頼性を上げるため、多くの情報を掲載しましょう。
  • 「商品タイトル」や「商品PR」には、独自性や優位性など、プラスαの情報を掲載してください。写真は5枚まで掲載可能です。商品角度を変える、特徴を写すなど、多くの情報を提供してください。(商品タイトル例:×ワイン ○赤ワイン(フランス産、オーガニック))

利用無料

会員様はデータベースのプリント料金を
10円割引

「ジェトロ・ビジネスライブラリー」にある「企業データベース」や企業ダイレクトリーで、業種、取扱い品目や国・地域を絞っての企業検索可能です。
例えば、あなたがパスタ製造機械の部品を売り込みたい場合は、「パスタの製造機械を作っている企業」を検索可能です。
東京、大阪、貿易情報センター等でのデータベース利用可否は、こちらをご覧ください。

コツ!

  • ご来館前に、まずは「テーマ別調べ方ガイド」をご覧頂き、資料の見当を付けることをお勧めします。
  • テーマ別調べ方ガイド」で分からない場合、ビジネスライブラリーに電話かメールでお問い合わせ頂けるレファレンスサービスがあります。こちらでお問合せいただき、目的の資料名を知った上でご来館頂くと、時間の節約にもつながります。

例:インドのドラッグストア市場(プレーヤー、規模等)を調べたいが、該当資料はあるか?

<お問合せ先>
東京 E-mail:bub@jetro.go.jp TEL:03-3582-1775
大阪 E-mail:osclib@jetro.go.jp TEL:06-6447-2308

会員様は最大56%割引

「海外ミニ調査サービス」「TTPP」「ジェトロ・ビジネスライブラリー」を使って調べた企業は、コファス・サービス・ジャパン株式会社の「外国企業信用調査」で与信の確認をしてください。
法人形態、沿革、所有者(株主)、経営活動、業務内容、財務情報、公示される重要な記録、要約、与信判断をお調べいただけます。

コツ!

  • 調査対象は1社からご依頼いただけますので、単発の調査にもお勧めです。
  • コファス・サービス・ジャパン社独自の特徴として、調査レポートに、調査担当者によるコメントが付きます!調査レポートのサンプルを見る

輸入する商品の決定や輸出の取引先を探すにあたっては、「国際展示会・見本市」を訪れて商品を出品する手段もあります。
展示会情報は、「現在出展募集中の海外展示会・商談会」「ジェトロが出展支援を予定している海外展示会・商談会」で検索できます。

コツ!

ジェトロが出展支援する展示会の他にも、世界では多くの展示会が開催されています。
見本市・展示会データベース「J-messe」では、世界約36,000件の見本市・展示会情報をご覧頂けます。
業種や国ごとに検索できる他、会期順や規模順で並べ替えも可能なので、目的に合った展示会を探すのに最適です。
気になる展示会情報があったら、ジェトロ職員が執筆した見本市レポートや、会場の住所や規模・写真をご覧いただける世界の展示会場で、どのような展示会か確認してみましょう。

会員様は42,000円相当無料/年度

現地パートナー候補を探すとき、「海外ミニ調査サービス」をお使いいただけます。
例えば、「ブラジル・サンパウロの飲料品輸出業者を知りたい」という時は、上限10社でジェトロがリストアップします。

コツ!

既にお客様で企業検索が済んでいらっしゃり、相手の会社名がわかっていれば、更に以下の項目の調査をご依頼いただけます。ジェトロの現地スタッフが電話を掛けて確認します。

  • コンタクトパーソン
  • ウェブページは現地語だが、英語での取引が可能か
  • 日本との取引実績
  • 日本との取引に興味があるか など

料金:
中小企業様は2項目で1ユニット/大企業様は1項目で1ユニット(1ユニット=10,500円相当)

無料

「引き合い案件データベース(TTPP)」では、業種・地域ごとに、現地企業が登録した「売りたい・買いたい」という案件情報を検索いただけます。 例えば、冷凍魚介類を買いたい場合は、TTPPに登録されている「売りたい」というページを見てましょう。
もちろん「詳細検索」で条件を絞り込むことも可能です。

コツ!

<案件を探す>
  • 案件を探すために:
    まずはキーワード検索をすることをお勧めします。その後、国の指定等の詳細な条件を指定していくと、目的の案件を探しやすくなります。
  • 相手の信頼性を確認する:
    TTPPにログイン後は、相手がこれまでに受け取ったメール数やメールの開封率を確認できます。メール開封率が高い相手とは、コンタクトがスムーズに取れやすいと言えます。

<案件を載せる>

ご自身の案件を掲載する際は、なるべく詳細な情報を記載した方が、引き合いの声を掛けてもらいやすくなります。具体的には、以下のポイントをご注意ください。

  • 「法人本社の紹介」には、自社の技術、規模、取引経験などを含め、詳細に記載してください。
    インターネット取引は相手の顔が見えないもの。本当に大丈夫かなと不安なのは、相手も同じです。信頼性を上げるため、多くの情報を掲載しましょう。
  • 「商品タイトル」や「商品PR」には、独自性や優位性など、プラスαの情報を掲載してください。写真は5枚まで掲載可能です。商品角度を変える、特徴を写すなど、多くの情報を提供してください。(商品タイトル例:×ワイン ○赤ワイン(フランス産、オーガニック))

利用無料

会員様はデータベースのプリント料金を
10円割引

「ジェトロ・ビジネスライブラリー」では、データベースで業種、取扱い品目や国・地域を絞って検索可能です。
例えば、あなたがパスタ製造機械の部品を買いたい場合は、「パスタの製造機械を作っている企業」を検索可能です。
東京、大阪、貿易情報センター等でのデータベース利用可否は、こちらをご覧ください。

コツ!

  • ご来館前に、まずは「テーマ別調べ方ガイド」をご覧頂き、資料の見当を付けることをお勧めします。
  • テーマ別調べ方ガイド」で分からない場合、ビジネスライブラリーに電話かメールでお問い合わせ頂けるレファレンスサービスがあります。こちらでお問合せいただき、目的の資料名を知った上でご来館頂くと、時間の節約にもつながります。
    例:インドのドラッグストア市場(プレーヤー、規模等)を調べたいが、該当資料はあるか?

<お問合せ先>
東京 E-mail:bub@jetro.go.jp TEL:03-3582-1775
大阪 E-mail:osclib@jetro.go.jp TEL:06-6447-2308

会員様は最大56%割引

「海外ミニ調査サービス」「TTPP」「ジェトロ・ビジネスライブラリー」を使って調べた企業は、コファス・サービス・ジャパン株式会社の「外国企業信用調査」で与信の確認をしてください。
法人形態、沿革、所有者(株主)、経営活動、業務内容、財務情報、公示される重要な記録、要約、与信判断をお調べいただけます。

コツ!

  • 調査対象は1社からご依頼いただけますので、単発の調査にもお勧めです。
  • コファス・サービス・ジャパン社独自の特徴として、調査レポートに、調査担当者によるコメントが付きます!調査レポートのサンプルを見る

会員様は最大56%割引

「ジェトロと契約している、コファス・サービス・ジャパン株式会社の「外国企業信用調査」を使うと、最大56%割引でご利用いただけます。
法人形態、沿革、所有者(株主)、経営活動、業務内容、財務情報、公示される重要な記録、要約、与信判断をお調べいただけます。

コツ!

コファス・サービス・ジャパン社独自の特徴として、調査レポートに、調査担当者によるコメントが付きます!
調査レポートのサンプルを見る

会員様20%割引

海外取引の契約は、国内取引とは異なる点がたくさんあります。ご自宅や会社のパソコンから、これらを自分のペースで学ぶことが可能な「貿易実務オンライン講座」「英文契約編」で、今一度契約について勉強・復習しましょう。

会員様はプリントアウト10円割引

「ビジネスライブラリー」にある契約書雛型データベース「DRAFTSMAN」で、契約書様式を確認しましょう!
「DRAFTSMAN」は、契約書の雛型を約400書式収録したデータベースで、日・英対訳版の『DRAFTSMANⅢ』と日・英・中国語の3ヶ国語対応の『DRAFTSMAN JEC』もあります。
詳しくは、「DRAFTSMANに掲載されている様式一覧」をご覧ください。
東京、大阪、貿易情報センター等でのデータベース利用可否は、こちらをご覧ください。

無料

「契約書を作成したので、弁護士に確認してもらう前にチェックして欲しい」という時は、ジェトロに相談してください。
無料でご相談サービスを承っています。
電話かメールでお申込頂くと、ご面談、メール、電話のいずれかでご相談にお答えできます。
アドバイザーが、自身の経験から契約書の確認をさせて頂きますので、お気軽にお問合せください。

無料

輸送業者、通関、銀行等と協力をして輸出しましょう。
輸出中に困ったことが発生した場合は、ジェトロに相談してください。 無料で、「貿易実務に関する相談サービス」を承っています。 電話かメールでお申込頂くと、ご面談、メール、電話のいずれかでご相談にお答えできます。お気軽にお問合せください。

コツ!

相談内容は、できるだけ詳しくお伝えください。
以下ポイントと「知りたいこと」が具体的であるほど、限られたご相談時間の中で、より多くの情報をご提供できます!

  • 対象国
    担当者は原則、国・地域毎に分かれています(例:輸出国/輸入国、日本/進出先の国など)
  • 商品情報
    HSコードがあるとより詳しく話ができる可能性があります(特に関税率(EPA利用など)や原産地規則を聞く場合)
  • 相談目的
    ご相談の意図が分かると、多角的な情報提供ができます
  • ビジネスの状況や相談背景など
    相談者のビジネスレベルに合わせた話ができます(例:輸出・海外進出経験の有無、引き合いの有無)
  • 既に調べた資料・情報
    情報の重複を避け、より具体的な話ができます(例:ジェトロHP確認の有無、他機関への問い合わせ有無)

無料

知的財産権の問題は、事件が起きてから対応するのではなく、事前に権利を取得するなどの準備が重要です。
もし知的財産権の侵害に遭ってしまったら、「模倣品・海賊版被害相談窓口」へご相談ください。

コツ!

  • まずは「国別模倣対策マニュアル、判例・事例集」をご覧いただくと、知的財産権保護についてを体系的にお知りいただけます。
  • ご相談内容は具体的にお知らせいただいた方が、より適合する情報をご提供できます。
    (ポイント例:対象国はどこか、どのような偽物か(商標を勝手に使われた、形状がそっくり等)、需要家に知られているか等)
  • ご相談は、模倣品・海賊版被害の他、海外進出時の知的財産に関する留意点や技術ライセンス等についても、可能な範囲でお答えしています。

無料

「代金回収に苦労していますが、対処方法は?」という場合は、ジェトロに相談してください。
無料で、「貿易実務に関する相談サービス」を承っています。
電話かメールでお申込頂くと、ご面談、メール、電話のいずれかでご相談にお答えできます。
お気軽にお問合せください。

また、ご相談と併せて、こちらの貿易・投資相談Q&Aをご覧いただくことをお勧めします。

コツ!

相談内容は、できるだけ詳しくお伝えください。
以下ポイントと「知りたいこと」が具体的であるほど、限られたご相談時間の中で、より多くの情報をご提供できます!

  • 対象国
    担当者は原則、国・地域毎に分かれています(例:輸出国/輸入国、日本/進出先の国など)
  • 商品情報
    HSコードがあるとより詳しく話ができる可能性があります(特に関税率(EPA利用など)や原産地規則を聞く場合)
  • 相談目的
    ご相談の意図が分かると、多角的な情報提供ができます
  • ビジネスの状況や相談背景など
    相談者のビジネスレベルに合わせた話ができます(例:取引先と締結した契約の中身、代金回収が滞った経緯)
  • 既に調べた資料・情報
    情報の重複を避け、より具体的な話ができます(例:ジェトロHP確認の有無、他機関への問い合わせ有無)

会員様10%割引

プロジェクトチームのメンバーは、まず貿易の流れや仕組み・注意点等を学ぶ必要があります。
「貿易実務オンライン講座」は、ご自宅や会社のパソコンから、これらを自分のペースで学ぶことが可能です。
基礎編応用編英文契約編中国輸出ビジネス編の4講座がありますので、ステップアップしてスキルを学びましょう!

コツ!

  • オンライン講座には、参考になる外部ウェブサイトへのリンクが多数貼ってあります。このようなリンク先は、都度ブックマーク保存しておくと、後々大変役立ちます!
  • 貿易実務を1年程度経験してから学習頂くと、ご自身の経験と学習内容を照らし合わすことができ、より効果的に学習可能です。貿易実務未経験の方が学習頂く際は、ご自身の職務がオンライン講座ではどこに該当するかを考え、全体の流れを想像しながら学習を進めていくと、より効果的に学習頂けます。

無料

いよいよ現地へ! まず最初は、「海外ブリーフィングサービス」を使って、ジェトロの海外事務所へお立ち寄りください。
その国で注意すべきことや、一般経済事情を1時間程度でお話させていただきます。基礎的情報を得てから現地をまわった方が効果的です。
例えば、現地の人がどのようなファッションを好む傾向にあるのか・・・等、現地に駐在している人間だからこそ分かる、駐在員の所感としての現地事情などもお話します。

また、会員様へは、ホテルの予約も承ります。申込時にご要望ください。

コツ!

海外事務所で少しでも多くの情報を得ていただくため、以下のポイントを明記いただくことをお勧めします。

  • ご出張の目的や背景(例:ロシアに衣料品を輸出したいので、現地の若者がどのような服装を好むか、どのような服装が流行しているかを駐在員の視点ベースで教えて欲しい)
  • 具体的に何をお知りになりたいか
    (例:×ブラジルの小売市場について ○ブラジルにはどのようなショッピングモールがあるか、知っている範囲で教えて欲しい)

会員様20%割引(定価12,600円)

海外企業にコンタクトしても返事がない、訪問先との時間設定について出張前の手間を省きたい・・・。
そんな場合は、ジェトロが代わりにアポイントをお取りする「ビジネスアポイントメント取得サービス」をご利用ください。

コツ!

バカンスシーズン(欧州)や宗教上大祭(断食月など)の時はアポイント取得が困難となります。事前に世界の祝祭日でご確認いただくことをお勧めします。

無料

実際にアポイントメント先と面談する時に、現地の言葉に自信がない・・・。
そんな場合は、ジェトロの海外事務所が作成した「通訳者リスト」をご提供します。このリストから、通訳を選んでみてはいかがでしょうか?
申込書はジェトロ・メンバーズ専用ページからダウンロードの上、最寄のジェトロへお送りください。
※ご手配・費用のお支払いはお客様ご自身でお願いしております。

会員様は最大56%割引

「ジェトロと契約している、コファス・サービス・ジャパン株式会社の「外国企業信用調査」を使うと、最大56%割引でご利用いただけます。
法人形態、沿革、所有者(株主)、経営活動、業務内容、財務情報、公示される重要な記録、要約、与信判断をお調べいただけます。

コツ!

コファス・サービス・ジャパン社独自の特徴として、調査レポートに、調査担当者によるコメントが付きます!調査レポートのサンプルを見る

無料

輸出中に困ったことが発生した場合は、ジェトロに相談してください。 無料で、「貿易実務に関する相談サービス」を承っています。 電話かメールでお申込頂くと、ご面談、メール、電話のいずれかでご相談にお答えできます。お気軽にお問合せください。

コツ!

相談内容は、できるだけ詳しくお伝えください。
以下ポイントと「知りたいこと」が具体的であるほど、限られたご相談時間の中で、より多くの情報をご提供できます!

  • 対象国
    担当者は原則、国・地域毎に分かれています(例:輸出国/輸入国、日本/進出先の国など)
  • 商品情報
    HSコードがあるとより詳しく話ができる可能性があります(特に関税率(EPA利用など)や原産地規則を聞く場合)
  • 相談目的
    ご相談の意図が分かると、多角的な情報提供ができます
  • ビジネスの状況や相談背景など
    相談者のビジネスレベルに合わせた話ができます(例:輸出・海外進出経験の有無、引き合いの有無)
  • 既に調べた資料・情報
    情報の重複を避け、より具体的な話ができます(例:ジェトロHP確認の有無、他機関への問い合わせ有無)

もっと使いこなそう!

海外生産をお考えの方
  • サービス一覧を見る
  • 他社の活用事例紹介
  • お問合せ一覧へ
▲ページのトップへ戻る